月刊誌『研人』Vol.6

巻頭言  『存在意義』
 季刊誌『生涯青春』と実践情報誌『月刊研人』は、現代に新しい価値を提供しています。
 『生涯青春という価値、またその場の提供』です。
この価値は目に見えません。
今、枯渇しつつある価値です。
年を重ねると、この価値がますます欲しくなることと思います。
 人は喋りたい生き物です。
聞くほうがストレスを溜めます。
 喋ることは、ストレス発散にもってこいです。
昼のカフェ、多くが女性客で満員、しかも騒がしいのです。
実に女性で賑わっています。
 こういうところに来ると、長年日本が低迷していることなどは嘘のようです。
女性の平均寿命が男性より10歳長いのは、実にここに原因があると思っています。
 ストレスが高ずると、ガンになり易いと言われています。
うつ病にもなり易く、果ては自殺にも繋がります、ストレスは溜めずに解消しましょう。
 季刊誌『生涯青春』と『月刊研人』は、ストレス解消の場としても効果効能があります。
 これら二誌と付き合うと、生涯青春が手に入り、ストレスも払拭でき、人生を謳歌できると言えます。
特に中高年の方は、「今日、行くところが無い、今日、用事がない」などと、家に引きこもりがちになり、挙句の果てに孤独死を迎えるなどということになります。

 生涯青春研究会に加わり「ランチを共にし、お喋りして、一文を書き投稿する。また、楽しからず哉」です。
今日行くところは有りあり、今日用事も有りありです。
これらの二誌は「筆者と読者の筆者と読者による、筆者と読者のための雑誌」です。
我々会員が共同で作る雑誌。参加者全員で出版のためのお金も出し、読み、書き、発行する雑誌です。
皆で支え末永く続けることに、存在意義があります。
そして、いずれ「万人が書き、億人が読む」月刊誌になるのです。
 

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 全国一律

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する